故障したときの対処

故障したときの対処

故障したときの対処 レンタルしたスーツケースが故障してしまうことはけして少なくありません。とくに海外の空港では、スーツケースはかなり荒っぽく扱われる事が多く、キャスターが壊れたりケースがへこんだりすることはよくあります。また、鍵の部分が壊されることも少なくありません。とにかく故障が発生したら、航空会社などで破損証明書を取得しておくといいでしょう。レンタル店の中には、この証明書がないと保証してくれない場合があります。

ただ、このような証明書がなくても、保証をしてくれるところもあるので、その辺は事前によく調べておくのがおすすめです。お店によっては、あらかじめ破損を保障する保険への加入を勧めているところも多くあるでしょう。この破損保険に入っておけば、万が一スーツケースの破損などが起こっても、修理代などは保険で賄われるので心配ありません。保険代はせいぜい数百円程度で済む場合が多いので、あるなら是非加入しておいた方が安全です。

スーツケースをレンタルするときは破損保証に入っておくと安心です

スーツケースをレンタルするときは破損保証に入っておくと安心です スーツケースは基本的には丈夫に作られていますから、普通に使用をしていたら壊れることは少ないです。ただ海外の空港などでは、コンベアに乗せる時に投げられてしまうこともあるので、受取ったときに引っ込んでいたりキャスターが破損しているということがあります。そんな時は返却するときに、自己負担で修理費用を支払わなければならなくなりますが、それをしなくて良い方法があります。レンタルをする時に、破損保証というサービスがあるので、それに加入をすることで壊れても修理費用を支払わなくて済みます。

それらのサービスは保険に加入するのと同じ仕組みで、スーツケースをレンタルするときの料金に、数百円ほど上乗せをするだけでいいというのが魅力です。たった数百円で保証されますから、借りたスーツケースが壊れた場合でも焦る必要はありません。保証サービスは、会社によって内容や料金も異なりますから、契約をするときに調べることが必要です。

新着情報

◎2020/10/9

レンタルのサイズを知っておこう
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

保障はついている?
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

故障したときの対処
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「ケース 故障」
に関連するツイート
Twitter